家の雰囲気を変える~外壁塗装の色選びで注意すべきこと~

ReformMAGAZINE

自宅の色を塗り替えよう!外壁塗装に失敗しないコツ5選

家の雰囲気を変える~外壁塗装の色選びで注意すべきこと~

塗装

家の色選び

外壁塗装を行う際の色選びは、家具や服などの色選びとは違います。気に入らない色だからといってすぐに塗り替えるということもできないため、失敗しないように計画を立てて色を選んでいく必要があります。

色のイメージを膨らまそう

自宅の壁の色を決める際に最初から色を決定するのではなく、まずは何系の色がいいのかという部分から決めていきましょう。ブラウン系がいいのか、ブルー系がいいのかなど、まずは色の系統からイメージを膨らませることが大切です。

天候によって色の見え方が変わってくる

晴れの日、曇りの日で外壁の色の見え方が違ってきます。そのため、周りの住宅の色を参考にしようと考えている方は、晴れと曇り両方の日の見え方を見比べるようにしましょう。また、天候だけでなく、朝や夜など時間帯でも見え方が変わってくるということを覚えておきましょう。

二色使う際の注意点

二色の塗装剤を利用する場合は、同系色で揃えるようにしましょう。極端な例えではありますが、青と赤では色の調和が取れず家のイメージが崩れてしまいます。二色使いをする場合は、クリーム色にブルー系の薄い色を組み合わせるなど、色の組み合わせをしっかりと考えることが大切です。

外壁の色選びのコツBEST5

no.1

落ち着いた色を選ぶ

外壁塗装を行って自宅の雰囲気を変える場合は、あまり派手な色を選んでしまうと悪目立ちしてしまう可能性があります。そうならないためにも、落ち着いた淡い色は一番に選ぶべきといえるでしょう。初めて色選びをする際は、特に注意が必要です。周りの風景より目立たない色を選ぶように意識することをおすすめします。

no.2

近隣の住宅に合わせる

家の壁の塗替えを行う場合は、近隣の住宅への配慮も必要ということで2位にランクインしました。両隣の家だけでなく、向かい側の家にも合わせるようにしましょう。周りの住宅を見ることで参考にすることもできます。

no.3

塗装済みの現場を見せてもらう

だいたいの色が決まったら、外壁塗装を依頼する業者に塗装を行った家を見せてもらうとよいでしょう。家全体に塗ったときのイメージや、丁寧な作業を行っているのかという部分も確認できるということで第3位に選ばれました。名古屋の塗装業者を利用する場合は、名古屋内で現場を見せてもらうことでたくさんの家を参考にすることができるでしょう。

no.4

大きめの見本をもらう

小さい見本の色が気に入っても、家全体に塗ると雰囲気が変わってしまう恐れもあるということから第4位になりました。明るい色は家全体に塗ると眩しい印象になってしまったり、暗い色は思ったよりも重い印象になってしまう可能性もあります。そうならないためにも、塗装を行う前に大きいサイズの見本を見てみることをおすすめします。

no.5

試し塗りを見せてもらう

塗装を依頼する業者が決まったら、実際に自宅の壁に塗料を試し塗りしてもらいましょう。自宅の壁の1平方メートルほどに色を塗ってもらうことでさらに色のイメージを膨らませることができるというのが選ばれた理由です。納得のいく色であると判断できたら、全体の塗装を開始してもらいましょう。

最後に

色が決定して全体の色を塗るとなっても、全てを任せるのではなく、時々自分でも確認するようにしましょう。塗装には下塗りというものがあり、その後に色を重ねて塗る作業があります。下塗りの段階でも家全体の雰囲気を確認することができるので、作業が終えるまで任せっきりにするのではなく、途中段階でも確認することをおすすめします。